日本の乗り物免許大図鑑
日本の乗り物免許大図鑑 > 日本国内でセスナ免許の取得はお金がかかる理由

日本国内でセスナ免許の取得はお金がかかる理由

航空機の操縦に必要な免許は、機体ごとに区別されています。民間で免許取得な可能な航空機として、最も有名な種類はセスナです。セスナはセスナ社が開発した航空機全般の呼び名で、日本では特に小型飛行機の代名詞とされています。日本でも、1年のうちに多くの民間人が受験と免許取得を行なっています。

セスナセスナ免許は、取得するためにまず自家用操縦士の免許が必要になります。自家用操縦士の免許は自家用小型飛行機の操縦に必要なもので、取得可能年齢は17歳以上です。取得場所は、日本国内とアメリカなどの海外があります。

日本の場合は、最低40時間以上の飛行・270km以上の飛行で離着陸の2回以上経験・夜間飛行20時間以上など、厳密な規制が存在します。一般的なカリキュラムでは、100時間以上飛行することになる場合が多いです。アメリカなど海外では行くために渡航費用とビザが必要になりますが、規制は日本より緩い傾向にあります。また、どちらにしても管制塔との交信は英語なので実用的な英語力が必須です。

セスナ免許も、取得方法には国内と海外があります。主な試験内容は、地上試験とフライト試験です。フライト試験はいわゆる実技で、地上試験では座学として航空力学・機体の性能と重量・航法・AIM・航空法規・航空気象・航空計器・無線交信などを学習します。

試験は国家試験として国土交通省が主催し、年3回実施されます。地上試験に合格した方のみ実技試験に進むことができます。実技は試験会場に足を運ぶのではなく、受験者が普段練習する航空学校・飛行場に試験官が来場する形で行われます。今まで通りの感覚で、指示を聞きながら飛行する試験を1日かけて行います。

セスナ免許の所得費用は、アメリカなどの海外であれば諸々を含めても総額150万円程で済みます。しかし日本国内では燃料や土地に限りがあり、練習環境に恵まれていないことから平均して500万円以上かかる場合が多いです。国内外で比べた場合の金額差が激しいため、日本で取得する際は覚悟が必要と言えます。

また、民間クラブに入会して学ぶ場合は、国内外の激しい金額差にプラスして入学金・座学費・シミュレーター費がかかります。4年制の航空大学もありますが、入学は簡単ではありません。クラブは入会しやすいところがメリットですが、諸々費用がかかることはよく考えなければいけません。

セスナで運搬などの仕事ができるようになれば、年収は300万円~400万円くらいになります。取得費用に比べて高収入にはなりませんので、日本においては仕事で必要だから取る免許、あるいは飛行機が好きな人・操縦に夢を持つ人が取る免許と言えます。

おすすめ記事