日本の乗り物免許大図鑑
日本の乗り物免許大図鑑 > 海が好き!それなら小型ボート免許の種類を知っておこう

海が好き!それなら小型ボート免許の種類を知っておこう

小型ボート免許には、3つの種類があります。
それは、1級小型船舶免許・2級小型船舶免許・特殊小型船舶免許です。
用途に合った免許を取得した方が良い場合もあるため、各小型ボート免許がどのようなものなのかを把握しておきましょう。

1級小型船舶免許は、小型船舶(20,000kg未満・長さ24m未満・水上オートバイとジェットスキーは除く)の船長として区域に制限なく航行できるものです。
ただし動力船で海岸から100海里以上離れた区域を航行する場合は、6級海技士以上の資格を持つ機関長の乗船が必要になります。
取得可能年齢は、18歳以上です。

2級小型船舶免許は、小型船舶(20,000kg未満・長さ24m未満・水上オートバイとジェットスキーは除く)の船長として海岸から5海里(約9km)離れたところまで航行できるものです。
取得可能年齢は18歳以上ですが、第2号限定であれば16歳から取得できます。
また、第1号限定の場合も16歳から取得可能になります。
ただし、第2号限定が運転できるのは5,000kg以下の船のみです。
第1号限定は、航行可能範囲から湖川と一部海域のみ・機関出力15kw未満などの制限があります。

水上バイク1級も2級も20,000kg未満の船舶が基本となりますが、例外としてある条件を満たした20,000kg以上のプレジャーボートは小型船舶の扱いにすることができます。
その条件は、1人で操縦する構造・長さ24m未満・用途がスポーツやレクリエーションのみ、という内容になっています。
これら全てを満たしていれば、20,000kg以上のプレジャーボートも小型船舶免許で運転が可能です。

特殊小型船舶免許(ジェットスキー免許)は、水上バイクとジェットスキー専用です。
ただし、運転できるのは船舶検査済証に記載された範囲内のみと決められています。
航行可能な区域は陸岸から2海里(約3.7Km)まで、取得可能年齢は16歳以上です。

免許取得のために必要なことは勉強ですが、その方法には独学と学科を設けた教習所があります。
独学は最終的に国家試験を受けることになりますが、筆記と実技が別日なので少々手間がかかります。
教習所は、学科を経て筆記と実技を同日に行えます。

国家試験は、小型船舶免許試験・更新機関(JMRA)の管理下で行われます。
試験開始期日の20日前~7日前までに申請書類に手数料を添えて窓口に提出することで受験可能となります。
JMRAの窓口は、大阪府大阪市・神奈川県横浜市・北海道小樽市・福岡県北九州市・沖縄県那覇市・愛知県名古屋市などにあります。
最寄の窓口を探してみましょう。

大阪で免許を取るならどこの教室がおすすめ?

大阪のボート免許が取得できるおすすめな教室として、シーメンズボート免許教室があります。
最大のオススメ理由として、新大阪駅から徒歩5分という優れた立地にあります。
新大阪駅は乗り入れ路線も多く、関西の他の地方に住んでいる場合でも無理なく通うことができます。
もし迷っている場合は、通いやすさを重視して教室を選んでみるのもいいでしょう。

おすすめ記事